安全面の違い

お金を使ってお金を増やす同じような目的なのに呼ばれ方が違うのは還元率の違いです。

リターンの高さ

ギャンブルと投資の違いについて紹介していきます。まず最初に投資ととギャンブル、そのどちらもがお金を使ってお金を使うということですよね。

お金を使えばそれが返ってくることもあれば返ってこない場合はどちらも同じです。根本的には同じなのにもかかわらず何が違うのかというとここでの考え方としては勝ち目があるのかないのか?ということと、負けるリスクが少ないのを投資といい、負けるリスクが高いのを投資というのです。

そう考えると日本における今のギャンブルで代表的なものであるパチンコやスロット、競馬といったものは還元率で考えるとかなり少ないですよね。

リスクが高いのリターンも少ないとなってしまったらそれはギャンブルと言わざるを得ないでしょう。

株取引という投資に関して言えばそもそも株式公開されているので安定した会社であることは間違いありません。

投資というのは基本的にはチャートでその市場の流れにさえ逆らわなければある程度稼ぐことができるようになるのです。

投資は稼げない分野ではないということを理解しておきましょう。大体今まで経験したことがない人がイメージで負けた時のことを考えてしまって利用できないという人が多いのではないかと思いますが、今までは金持ちだけがお金を稼ぐ場所だったのです。

独占していた分野がインターネットでシステム管理されたことで一般人も利用できるようになったのです。

ですから基本的にはリターンがあることが前提で公開されていますからギャンブルと違ってリスクは少ないのです。

他にも不動産投資だったりもありますが、やはり一番重要な株取引に関してはこれかの時代は一般の人も必要になってくるのでぜひとも覚えておいた方がいい分野と言えるのではないでしょうか?

リスクを取らずに利を取るように行動してみましょう。それがギャンブルとの違いです。

TOPへ戻る